運転免許ヘルプ&スタート/デルトコ 運転免許ヘルプ&スタート/お問い合わせ
MT/ATの違いを知る 自動車学校の実技試験を知る
本当に動かせるの?MT/ATの違いを知る
HOME > MT/ATの違いを知る
 
機構の違い
自動車を動かす場合、MT車では、チェンジレバーとクラッチペダルでいろいろな速度のギアを選びますがAT車では、クラッチペダルがなくDの位置にするとギアの組合せは自動的におこなわれます。
 
ヘルプ&スタート  指導員用の教科書(目標と内容)  
教習の目標 運転装置の機能や走行の原理をよく理解して、正しい取り扱いができるようになること。
教習の内容 @自動車の各装置の仕組み・働きと走行原理
Aハンドルのまわし方
B各ペダルの踏み方、戻し方
Cチェンジレバーの動かし方
Dハンドブレーキの使い方
Eエンジンのかけ方・とめ方
Fその他の装置の名称、取り扱い

技能教習       指導員からの「操作のコツ」
チェンジレバー レバーを操作するときは、クラッチペダルをいっぱいに踏んで、肩の力を抜きリズミカルに動かします。手もとを見なくても正確に操作ができるようにしましょう。
各ペダル アクセルペダルは、かるく少し踏むだけでも、エンジンの回転がはやくなります。必要以上にペダルを踏み込んで空ぶかしをしてはいけません。
手と足の操作の違い

 
[手の操作]

MT車の場合、チェンジレバーを動かすとギアの組み合わせが変わって車の力や速度が変わります。
AT車の場合、[D]ドライブレンジにすると、加速・減速のギアチェンジが自動的に行われます。

 
各ギアの意味
各ギアの意味
 
 
[足の操作]
MT車の場合、アクセルペダル、ブレーキペダル、クラッチペダルで車の加速・減速とギアチェンジを行います。
AT車の場合、クラッチペダルはありません。アクセルペダルとブレーキペダルで車の加速・減速を調整します。
 
MT車とAT車のペダルの違い
 
 各ペダルの意味
 
 [MT車]
アクセル
車の速度をはやくさせるペダル

ブレーキ
車の速度を遅くさせるペダル

クラッチ
ギアなどを変えるペダル
 
 [AT車]
アクセル
車の速度をはやくさせるペダル

ブレーキ
車の速度を遅くさせるペダル

 
 
 
 各ペダルの踏み方
 
 [MT車]
アクセル
かかとを床につけたまま、足首をかるく動かしながら、つま先で踏む。

ブレーキ
右足の指のつけ根あたりでペダルの中央を踏む。

クラッチ
踏むときは床まで一気に踏む。もどすときはひざをあげる気持ちでゆっくりともどす。
 
 [AT車]
アクセル
かかとを床につけたまま、足首をかるく動かしながら、つま先で踏む。

ブレーキ
右足の指のつけ根あたりでペダルの中央を踏む。

 
 
 
発進の手順
MT車で発進するときはアクセルを踏む量と、クラッチのもどしかたが調和していないと、とび出したり、エンストを起こすことになります。

AT車で発進するときは、アクセルをかるく踏みます(エンストはしません)。
 
ヘルプ&スタート  指導員用の教科書(目標と内容)  
教習の目標 正しい操作手順で、発進や停止ができるようになる。
教習の内容 @発進の仕方
A停止の仕方

技能教習       指導員からの「操作のコツ」
「MT」半クラッチ 発進するときはアクセルの踏む量と、クラッチのもどし方が調和していないと、飛び出したり、エンストを起こすことになります。*上手に発進するには、半クラッチの位置をつかみアクセルの踏む量をつかことが大切です。
「AT」クリープ現象 クリープ現象とは、エンジンがかかっているときに「D」や「R」などに入れると、アクセルを踏まなくても、ひとりでに車を動きだす現象のことです。これはAT車に特有のものです。
 [MT車]
クラッチペダルをいっぱいに踏んで、ローギアに入れる。
クラッチペダルをいっぱいに踏んで、ローギアに入れる。
ハンドブレーキをもどす。
ハンドブレーキをもどす。
アクセルペダルをかるく踏む。
アクセルペダルをかるく踏む。
半クラッチにする。
半クラッチにする。
クラッチペダルをもどしながらアクセルペダルを踏む。
クラッチペダルをもどしながらアクセルペダルを踏む。
 
 [AT車]
ブレーキペダルを踏んでチェンジレバーを「D」にし、目でたしかめる。
ブレーキペダルを踏んでチェンジレバーを「D」にし、目でたしかめる。
ハンドブレーキをもどす。
ハンドブレーキをもどす。
ブレーキペダルをゆるめ、クリープ現象による動きをたしかめる。
ブレーキペダルをゆるめ、クリープ現象による動きをたしかめる。
動きはじめたら、アクセルペダルを徐々に踏む。
動きはじめたら、アクセルペダルを徐々に踏む。
 

[クリープ現象を利用すると]
(1)発進、停止がスムーズにできる。
(2)ゆるい坂道では、ブレーキを踏まなくても、バックしない。
(3)MT車にくらべて、低速での走行がしやすい。

 
 
停止の手順
ブレーキペダルを強く踏むと急ブレーキになり、弱く踏むと停止距離が長くなって、停止位置を過ぎてしまう場合があります。また、MT車ではクラッチペダルを踏むタイミングが遅れると、エンストをします。

安全に停止するには、いっきに強いブレーキをかけるのではなく、まずブレーキを踏んで速度をおそくし、それからいったんゆるめて停止する位置にあわせて、もう一度ブレーキを踏みます。
 
ヘルプ&スタート  指導員用の教科書(目標と内容)  
教習の目標 正しい操作手順で、発進や停止ができるようになる。
教習の内容 @発進の仕方
A停止の仕方

技能教習       指導員からの「操作のコツ」
停止する「MT・AT」 ブレーキペダルを強く踏むと急ブレーキになり、弱く踏むと停止距離が長くなって、停止位置を行き過ぎてします場合があります。*MT車では、クラッチペダルを踏むタイミングが遅れるとエンストしてしまいます。
正しいブレーキ 安全に停止するには、いっきに強くブレーキを踏むのではなく、まずブレーキを踏んで速度を遅くし、それからいったんゆるめて停止する位置にあわせて、もう一度ブレーキを踏みます。
 [MT車]
停止する位置を決める。
停止する位置を決める。
アクセルペダルをもどして、ブレーキペダルを踏む。
アクセルペダルをもどして、ブレーキペダルを踏む。
速度がおそくなったら、クラッチペダルをいっぱいに踏む。
速度がおそくなったら、クラッチペダルをいっぱいに踏む。
停止位置にあわせて、ブレーキペダルの踏みかたを調節する。
停止位置にあわせて、ブレーキペダルの踏みかたを調節する。
 
 [AT車]
停止する位置を決める。
停止する位置を決める。
アクセルペダルをもどして、ブレーキペダルを踏む。
アクセルペダルをもどして、ブレーキペダルを踏む。
速度に応じて、ブレーキペダルの踏みかたを調節する。
速度に応じて、ブレーキペダルの踏みかたを調節する。
停止位置にあわせて、ブレーキペダルの踏みかたを調節する。(とまっても、ブレーキペダルは踏んだまま)
停止位置にあわせて、ブレーキペダルの踏みかたを調節する。(とまっても、ブレーキペダルは踏んだまま)
 
 
加速・減速チェンジのしかた(MT車)
通常の走行では、速度に応じたギアで、また発進や上り坂では力のあるギアで、走行条件にあったギアを選んで走らなければなりません。
 
ヘルプ&スタート  指導員用の教科書(目標と内容)  
教習の目標 速度の上げ下げや、一定の速度を保った走行がうまくできるようになる
教習の内容 @アクセルによる速度の変え方と保ち方
Aブレーキによる速度の変え方
B加速・減速チェンジの仕方

技能教習       指導員からの「操作のコツ」
加速・減速チェンジ
するときの注意
加速・減速チェンジの時期は、各ギアの速度のめやすの範囲内でおこなうとスムーズな加速・減速チェンジができます。特に加速チェンジではアクセルを強めに踏み、十分に加速をあげてからおこない、また減速チェンジでは、速度が落ちすぎないうちにギアチェンジをします。エンジン音や振動、加速感など経験によってギアチェンジのタイミングを、からだで感じられるようになりましょう。
*AT車では AT車では、「D」の場合、速度が遅くなると自動的に減速チェンジされ、速度を上げていくと自動的に加速チェンジされます。
 加速チェンジのしかた
加速チェンジとは、力のあるギア(ロー)からセカンド、サード、トップへと、だんだんとはやいギアに変えることです。
アクセルペダルをグーっと踏んで、速度を上げる。
アクセルペダルをグーっと踏んで、速度を上げる。
クラッチペダルを踏み込みと同時に、アクセルペダルをもどす。
クラッチペダルを踏み込みと同時に、アクセルペダルをもどす。
ギアを変える(力を抜いて)。
ギアを変える(力を抜いて)。
クラッチペダルをもどしながら、アクセルペダルを踏む
クラッチペダルをもどしながら、アクセルペダルを踏む。
セカンド→サード、サード→トップも同じ手順でおこなう。
セカンド→サード、サード→トップも同じ手順でおこなう。
 

[AT車の場合]
AT車では、チェンジレバーを「D」に入れアクセルペダルを踏むと、自動的に加速チェンジされて速度がはやくなります。


 
減速チェンジのしかた
減速チェンジとは、加速とは逆に速度のはやいギアから、だんだんと力のあるギアに変えることで、速度をおそくしたり、坂道を上るときなどに使います。
アクセルペダルをもどして、クラッチペダルをいっぱいに踏む。
アクセルペダルをもどして、クラッチペダルをいっぱいに踏む。
ギアを変える(力を抜いて)。
ギアを変える(力を抜いて)。
クラッチペダルをもどしながら、アクセルペダルを踏む。
クラッチペダルをもどしながら、アクセルペダルを踏む。
 

[AT車の場合]
AT車では、「D」の場合速度がおそくなると自動的に減速チェンジされ、速度を上げていくと自動的に加速チェンジされます。

 
加速チェンジするときのめやす
 
 
減速チェンジするときのめやす
 
 
ページ TOPへ
 
MT/ATの違いを知る
MT/ATの違いを知る  
機構の違い
発進の手順
停止の手順
加速・減速チェンジ
 
自動車学校の実技試験を知る
自動車学校の実技試験を知る  
MT⇔AT
最速スケジュール
第一段階の試験
第二段階の試験
速報!緊急ゼミ
教習指導員ブログ
デルトコ学科情報サイト
デルトコ全国運転免許試験場
メルマガ「失敗しない自動車学校の選び方」
 
 
 
 
 

| デルトコ運転免許ヘルプ&スタートHOME | MT/ATの違いを知る | 自動車学校の実技試験を知る | 教習指導員ブログ |
| デルトコ学科情報サイト | デルトコ全国運転免許試験場 | メルマガ「失敗しない自動車学校の選び方」 |

Copyright (C) 2006 デルトコ.JP All rights reserved.